野に咲く花のように

今月の初めのある朝、この曲が頭の中で流れてきて目が覚め、なぜだか涙が溢れ出てきて止まらなかった。

もう何年も耳にしていないこの曲が、どうして流れてきたんだろう?

それよりもどうしてこんなに涙が出てくるんだろう?


その時、ある方の、静かな後ろ姿が目に浮かんだ。


もう6月も20日近くなって、

これからの自分の歩みを、改めて見つめ直す今日この頃です。


どうか世界に愛と思いやりが溢れますように。


「小さな優しさが世界を美しくする」


チャップリンの言葉が、

心の中を、ロンドのようにくるくる回る、

静かな梅雨を過ごしています。


『野に咲く花のように』 


野に咲く花のように

風に吹かれて

野に咲く花のように 

人をさわやかにして


そんな風に僕達も

生きてゆけたらすばらしい

時には 暗い人生も

トンネルぬければ

夏の海


そんな時こそ

野の花の

けなげな心を知るのです


野に咲く花のように 

雨にうたれて

野に咲く花のように 

人をなごやかにして


そんな風に僕達も

生きてゆけたらすばらしい

時には つらい人生も

雨のちくもりでまた晴れる


そんな時こそ 

野の花の

けなげな心を知るのです

img 0


美しい曲。