いよいよ

今朝、窓を開けるとぷわっーと部屋中に爽やかな川べりの風が入ってきた。

今年に入って初めてのゆっくりとした時間_。

『風薫る五月』とはよく言ったものだなと思う。

でも、もうすぐここともお別れ。

o4608345614012651003


引越しの後、来月はいよいよ1−2日の待ちに待った横浜開港祭が来る。

準備は大変だったけれど、最高に素晴らしい一流エンジニアたちの協力と仕上げで、

本当に当日が楽しみ_。

さらに一流の照明・特効・花火が付くなんて、本当に未経験の演出の世界_。


先日のリード・ウィズ・アートの公演でも、

照明の大家安部昌臣氏が、信じられない色の変化・奥行き・グラデーションで、舞台と_、

これまた前回に引き続き、最高のオブジェを作ってくださったイルミネーション・アーティストの篠崎里美氏の作品が、

千変万化に、まるで魔法のように美しく舞台上で変化した。

『まるで生きて呼吸しているような光_』思わずはっと息を飲んでしまう_。

そんな瞬間がリハーサルの時から幾度となく襲ってきた。

観て欲しかった_。

そして、魔法の中で息づくオブジェの美しいことと言ったらなかった!

パガニーニの中で吹き荒れる風』_

尊敬してやまない安部氏、篠崎氏両氏のコラボレーションは本当に誰にも真似のできない、

感動的な舞台を作り出していた。

誰が観ても一度で吸い込まれるような、光と影のオブジェ_。


そして_その存在を一切気づかせない_神業としか思われない音響。林氏・制野氏_。


『見えないところに偉大なアーティストと最高の職人たちがいる_』


開港祭、リード・ウィズ・アート公演_。


開港祭、是非来てくださいね。◾️