4.27

先日、たびたび書いた現代建築家高山正樹さんの『木のしつらゑ』ファイナルイヴェントに行って来ました。

久しぶりに素敵な方々と一堂に再会もでき、嬉しかった。

あまりに美しい神代杉の埋木。仕事机に買いたいなあ_と夢見つつ。

写真▶︎その珍しい樹齢のいった神代杉の埋木を前に素敵な笑顔の高山さん。

この一年、コロナの影響も様々にあったけれど、

日々音楽制作の仕事に携わり続けてこられて本当に感謝であり、さらに良いものを、”生きる喜び”を聞く人すべての方に_と心から願う毎日です。


そういえば昨年は中止となった横浜開港祭のファイナルイヴェント_ビーム・スペクタクル IN ハーバーは少し形を変えてお送りする予定です。

また日数も6月2日のみで、毎年4,5万人入る臨海公園会場入場者も5,000人の制限があるようです。詳しくは、▶︎

Let it be_

From ”my small world into the infinite world.”

Thank you.